団体・組織
個人情報の取扱い
Top お問い合せ
会社案内  

団体名

NPO(特定非営利活動法人)ワークス&コミュニケーションズ
就労継続支援B型事業所
障がい者活動支援センター フットワークなぎさ

所在地 〒390-0841 長野県松本市渚2-1-7
代表 加納 幸一
電話 0263-50-6286   
FAX 0263-50-6287
作業所 JR松本駅アルプス口より徒歩数分です。

 

 

 
   

設立趣旨

・沿革

1 趣旨
障がい者、高齢者他、社会的弱者の自立を支援するためには、就労支援を基軸とした、職業能力訓練や社会生活技能訓練、また、職く場の確保が大変重要である。
また、併せて、相談活動、調査・研究活動、情報提供・広報活動、交流活動等も一般の方々に周知するためには欠かせない。その目的を達成するためにはためには、どうしても特定非営利活動法人の設立が必要と考えた。
この事業の実施により、障がい者、高齢者他、社会的弱者の自立を支援し、社会的な貢献を果たしていきたい。

 

2 申請に至るまでの経過
措置制度の下での障がい者の支援は、施設での生活が主流で、障がい者が社会に出てくる状況ではなく、自立を支援する体制ではなかった。その後、支援費制度になってから、ようやく施設の解体、施設を出て社会へ、自立へ、という方向に向かい始めた。  
平成16年頃から、私たち有志は、障がいを持つ方々の環境は大きな変化の中で、自立に向けた支援体制の必要性を感じ、話し合いを重ねてきた。
平成18年4月、障がい者自立支援法が施行され、より障がい者の自立が求めわれるようになった。その中で、特に就労については強調されている。少しずつ、障がい者に対する社会の理解も深まって来ているようには見えるが、まだまだ偏見も多いことも事実である。就労についてみても、1.8%の障がい者法定雇用率が定められているが、達成している企業は少ない。そこで、職業訓練をすることにより就労するためのスキルアップを図り、職場開拓をすることによって、より障がい者に対する理解を得ていくことが急務になってきた。そこで、松本圏域の障がい者就労支援センター、ハローワーク等と連携を図り、障がい者の職業訓練、就労支援をするには、どうしても法人の設立が必要であり、この趣旨に賛同する理解ある人たちにより、平成19年9月特定非営利活動法人の設立発起に至った。

役員名簿

 役 員 名 簿 

 

               特定非営利活動法人 ワークス&コミュニケーションズ


役 名

氏 名

住 所 又は 居 所

報酬の有無

理 事

加納 幸一

長野県松本市板場680番地の8

 有

理 事

竹内 務 

長野県松本市板場696番地

 無

理 事

服部 江津子

長野県松本市岡田伊深761

 無

監 事

宇治 久幸

長野県安曇野市豊科5231−66 B202


このページの先頭へ

Copyright (C) 2012W&C All Rights Reserved